ページ コンテンツ

2次関数の文章題①(制動距離、平均の速さ)

 

今回は、制動距離と平均の速さについての文章題について見ていく。

この問題は、変化の割合が終わった直後に触れる場合が多いので、

本サイトもこのタイミングで触れておく。

 次回→放物線と直線・座標の基本(基)

 前回→変化の割合(基~標)

続きを読む

2次関数と変化の割合(基~標)

 今回は変化の割合について見ていく。

公立入試で出題された場合、正答率が40%~60%程度になり、入試で差が付きやすい問題といえる。よって、入試直前に復習しておくことを推奨する。

 次回 2次関数の文章題①(制動距離・平均の速さ)

 前回 2次関数と変域(基~標)

続きを読む

2次関数(変域、変域からの式の決定)(基~標)

今回は、xの2乗に比例する関数の変域について見ていく。

この手の問題は、公立入試の正答率が50~60前後と比較的低い。

入試までに練習して、確実に出来るようにしておこう。

 前回 グラフの書き方・グラフの特徴①②

 次回 変化の割合 

続きを読む

2次関数のグラフ(グラフの書き方・グラフの特徴①②)(基)

3月になったので、分野別解説の続きをすすめていく。

今回はy=ax^2のグラフについて

 前回 xの二乗に比例する関数(特徴・式・値)(基)

 次回 2次関数のグラフ(変域)(基~標)

 ※ 今回から「二乗に比例する関数」だと長いので「2次関数」と表現する。

  中学の範囲 y=ax^2 について扱っており、

  高校の範囲 y=ax^2+bx+c の解説はしないので注意

続きを読む

xの二乗に比例する関数(特徴・式・値)(基)

今回から、二乗に比例する関数を見ていく。

 前回 ←2次方程式の文章題 (速度 割合 濃度) (難)

 次回 → 2次関数のグラフ(グラフの書き方・グラフの特徴①②)(基)

続きを読む